ミニ株

通常の株式投資には、注文が出せる最低の株数が決まっています。
これを単元株といい、1000株単位、100株単位などいろいろあります。

ですから、株価500円の株を購入する場合、1000株単位の株なら50万円以上の資金が必要となります。

そこで本来の単元株の10分の1で取引できるのがミニ株です。

先ほどの例でいくと、1000株の10分の1ですから100株から購入できることになり、5万円以上の資金があれば取引ができます。

ただし、通常の株にはない制約があります。

1 値段を指定する指値注文ができません。通常は、翌日の寄り付きの値段となります。

2 上場銘柄すべてが対象となるわけではなく、証券会社によって扱える銘柄が違います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13863778
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。