投資家の必携書

株式投資を始めるなら、どうしても持っていなければいけないものに「会社四季報」や「日経会社情報」があります。

どちらも年4回発行されている企業情報誌です。
どちらが良いかは意見が分かれるところですが、最低どちらかの本を年1回は購入するべきです。

見たことがない人が見ると、びっくりするような密度で企業の様々なデータが記載されています。

最初は、どこに何が記載されているのかがわかりませんから、頭が痛くなるかも知れませんが、慣れてくるととても便利な本になってきます。

すべての会社のすべてのデータを見るというのではなく、必要に応じて、必要な会社の必要な部分のデータを調べるという感じで使うものです。

ただし、最近はネット証券に口座開設すると調べられるデータもたくさんあるので、投資法によっては、本はいらないという方もいますが、一回も買ったことがないという人はぜひ一度購入することを勧めます!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。