代表的な指数

個別の株価の上げ下げは、その株特有の事情以外に、市場全体の動向にも大きく左右されます。

その株自体は上昇する材料がそろっているのに、市場全体のトレンドが下降していると、それに引きずられて下がってしまうということはよくあることです。

ですから、現在市場はどういうトレンドなのか、ということを常に観察していることが重要です。

市場関係者が注目している代表的な指数を観察していると、だいたいのトレンドは把握できるものです。

【日経平均株価225種】
日本経済新聞社が、東証1部銘柄のうち225社を選び、その平均値を指数化したものを発表しています。
銘柄は定期的に入れ替えをしています。

対象銘柄が少ないので、市場全体の動向を把握するには不向きなのですが、データの連続性が保たれているとかの理由により、市場関係者の多くが注目している指数です。

単に「平均株価」という言い方の場合、この「日経平均株価225種」を指している場合が多いです。

【TOPIX(トピックス)】
東京証券取引所が算出して発表しています。
「東証株価指数」とも呼ばれ、東証1部の全銘柄を対象にした指数です。

「日経平均株価225種」よりも対象銘柄が多いので、より正確な市場の動向を表していますが、注目度は「日経平均株価225種」より低いです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13919784
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。