単元株制度

新聞の株価欄の銘柄名の前に「A」とか「B」とかの記号が付いている銘柄があります。

これは取引単位を表しています。

株式は、企業ごとに任意に定められた、売買が可能となる株式単位があります。
これを「単元株制度」といいます。

新聞の銘柄名の前に何も記号がなければ千株が売買単位です。

ですからその株の株価が300円だとすると、その株を売買するためには、
300円×1000株=300,000円
となり30万円の資金が必要となります。(手数料が別途必要)

記号ごとの取引単位は、
A 1株、 B 100株、 C 500株、 D 2,000株、 F 3,000株、 J 10株、 無印 1,000株
となっています。

株価が3,000円の値がさ株であっても、「B」の記号が付いていれば、
3,000円×100株=300,000円
となり30万円の資金で買えることになります。(手数料が別途必要)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。