長期投資

期間によって投資法を分類しますと、長期投資、中期投資、短期投資、超短期投資(デイトレード)があります。

それぞれ長所、短所があり、どれが一番優れているというものではありません。また、それぞれの投資法によって、必要とする情報が違ってきます。

まずは、長期投資です。

ネット証券が存在していない時代、個人投資家のほとんどは長期投資でした。会社四季報で業績を調べて、業績に比べて割安になっている株を買います。または、今後業績が飛躍的に伸びるだろうという銘柄を探して買います。

そして買ったら値上がりするまで何年でも待つという投資スタイルでした。

バブルが崩壊する以前は、株価は基本的に右肩上がりでしたから、値下がりしても慌てずにじっと待っていれば値上がりしました。

でもバブル崩壊後は、この右肩上がりの原則が通用しなくなり、じっと待っていたらどんどん含み損が大きくなるという時代が続き現在に至っています。

だったら長期投資はもうダメなのかというと、そうではなく、昔みたいにいつ買っても待っていれば値上がりするという時代ではないということです。

長期投資の長所は、将来、大きなリターンを得る可能性があるということです。

まだ生まれたばかりの会社の中で、将来大発展しそうな会社を発掘して、その会社の株を買う。そして何年後かに10倍に値上がりしていたということが期待できます。

かつてのソニーや京セラを発掘するわけです。

そして毎年、配当をもらいながら、値上がりを楽しみに待つ。
これもひとつの投資法です。

短所は、そういったお宝銘柄を発掘するには、それなりの知識が必要になってきます。時代を読む目、会社の将来を読む目が必要になってきます。

こういう知識は、本を1冊や2冊読めば身に付くというようなものではありません。

また、時代は年々加速的に変化の速度が速くなっています。
今、最先端なものでも、あっという間に陳腐化してしまうことが多々あります。業績が倍々ゲームで向上して、株価も大きく値上がりしていたと思ったら、あっという間に時代遅れの会社になるということも十分に考えられます。

いずれにせよ、これからの時代の長期投資には、幅広い知識と敏感に時代を感じ柔軟に対応できるスキルが必要になってきています。


この記事へのコメント
はじめまして
大変勉強になるブログですね。
投資の基本をシッカリと身に付けるためこれから参考にさせて頂きます。
Posted by manuw at 2006年03月18日 00:08
コメント、ありがとうございます。

これからもドンドン記事をアップしますのでよろしくお願いします!
Posted by ティガ at 2006年03月19日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14955127
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。