中期投資

長期でもない、短期でもない投資を中期投資といいますが、厳密な定義があるわけではありません。

概ね1年前後の保有期間で決済する場合でしょうか。

株価は、長期的には業績と連動します。ですからファンダメンタルな分析が重要となります。

短期の場合は、業績に連動するというよりは、そのときの需給関係(買い方と売り方の力関係)に大きく左右されます。ですから業績を調べるよりも、チャート分析が重要になります。

このことから、中期投資というのは、ファンダメンタルな要素とテクニカルな要素の両方を加味する必要があります。

ある意味、中途半端な投資と言えるかもしれません。

ただ人によっては、やり易いという人もいるかも知れません。

でも私的には、あまりメリットを感じません。
長期なら長期、短期なら短期と割り切って投資した方が、勉強すべき項目が限定できますから楽なのではないでしょうか?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15381154
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。