逆張り

逆張りとは、相場のトレンドと反対のポジションを取るトレード手法です。

上昇トレンドの天井を予測して売り向かう。
下降トレンドの底を予測して買い向かう。

永久に上がり続ける株はない。特に急上昇した株は、近いうちに急落する。その急落を狙います。

永久に下がり続ける株はない。急落した株は、近いうちに反発する。その反発を狙います。

このように書くと、簡単のように感じられますが、実際はとてもやり辛い投資法です。

大勢の人達と違う方向に歩いて行くというのは、とても勇気のいることです。前にも言いましたが、そもそも天井や底を予測するのはプロでも難しい技ですから、それを前提とした投資は、かなりリスクが高いと言えます。

一般の書籍には、「勝っている投資家は逆張りをしている」と記述してあるものが多いですが、私は初心者の方にはお勧めしません。

はっきりとしたトレンドのときに、そのトレンドについて行く。
そういう順張りが安全な投資法です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。