損切り

買った株が値下がりして損失となっている手持ちの株に、見切りをつけて売却することを「損切り」または「ロスカット」といいます。

持っている株が値下がりしても、売らなければ評価上の損失だから、「損が確定したわけじゃない!」と持ち続けることを「塩漬け」といいます。

損切りは誰でも嫌なものです。自分の見込みが間違っていたということを認めるようで、なかなか実行できない個人投資家が多いです。

ですが、この手法が実行できないと、いつか大きな損失を出してしまい、株式投資から撤退しなければならないことになってしまいます。

「相場の上手下手は損切りで決まる!」と言われるぐらい大切な手法です。

500円で買った企業の株が、不正経理が発覚して一気に400円に値下がりしてしまった。

あなたは、どうしますか?

売ってしまうと100円の損失です。悩むところです。

ですが、事件はマスコミで大きく取り上げられて、ますます値下がりする可能性大です。

こういう場合は、残念ですが、すばやく損切りするべきです。

その後株価がどうなるか、その時点ではわかりませんが、損切りしなければ損失が拡大することが予想されるからです。

下手をすれば、株が紙くずになってしまうかも知れません。

100円の損失を惜しんだために500円を失ってしまうことになります。

株式投資で勝率100%はあり得ません!
コツコツと勝って貯めた利益を一度の失敗で失くしてしまわないように、株を買った時点で、「ここまで下がったら売る!」というロスカットラインを設定が必要です。

そしてそのラインに到達した場合は、躊躇無く損切りしなければなりません。

損切りは、株式投資で利益を獲得するための必要経費と考えるべきです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16217686
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。