値幅制限

株価の急激な変動による市場の混乱を防ぐために、前日の終値から一定の値幅以上変動すると取引がストップされます。

これを「値幅制限」といいます。

そして値幅制限の上限まで上がることをストップ高、下限まで下がることをストップ安といいます。

こういう状況のときは、成行きで注文を出しても約定しないこともあります。

値幅制限は、株の価格帯によって決められています。

一部だけを抜粋して紹介します。
   株価       制限幅
  100円未満   上下30円
  200円未満     50円
  500円未満     80円
1,000円未満    100円
1,500円未満    200円
2,000円未満    300円

このように株価によって制限される金額が違っています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。