保管振替制度

以前は、証券会社に代金を支払い、それと引き換えに株券を受け取っていました。でも最近は、数字上の受け渡しである振替決済が一般的です。
これを「保管振替制度」といいます。

投資家から特に申し出がなければ、通常は振替決済となり、売買報告書や残高証明が発行されることになります。

これは、証券保管振替機構(通称:ほふり)に証券会社が口座を作り、株券を預け、株券を動かさずに決済や株主の移動を行う制度です。

株券はかたちのうえでは機構の名義となりますが、実質株主名簿も作成されますので、投資家は、配当や株主優待、株主総会の通知などの権利を受け取ることができます。

○証券保管振替機構
1991年に事業化された日本で唯一の保管振替機関。証券市場の円滑な運営のために株券など有価証券の保管と受け渡しの効率化を目的に設立。2002年から株式会社として運営。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16259915
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。