株と税金

以前にも「株と税金」という記事を書きましたが、今回はもう少し詳しく説明したいと思います。

株の売却益には、税金がかかります。個人投資家の場合、譲渡所得に該当し、総合課税とは別の所定の税率で計算して確定申告によって納税するのが原則です。

ですが、実際には確定申告が不要になる特定口座制度というものがあります。

特定口座とは、個人投資家の納税負担を軽減するために、証券会社の内部に「特定口座」を開設し証券会社が管理していくものです。

この特定口座を開設し「源泉徴収あり」を選択すると、証券会社が税金を納付してくれますから、初心者の方はこちらを選択したほうが良いでしょう。

ただし、すべての証券会社でこの制度を利用できるわけではなく、会社によっては開設できないところもありますから確認が必要です。

また「源泉徴収なし」を選択すると、それは「簡易申告口座」を選んだことになります。

簡易申告口座とは、確定申告の必要はありますが、証券会社が「特定口座年間取引報告書」というものを作ってくれますから、これを申告書に添付することで、個人投資家が面倒な損益計算をしなくても申告ができます。


「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の選択は、年初の売却のときまでに決めて、手続きしておく必要があります。また一度選択すると、翌年まで変更できませんから注意が必要です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16259940
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。