配当金と税金

配当金にも税金がかかります。

配当金に対する源泉徴収税率は、平成16年1月1日から平成20年3月31日までの期間は、10%です。それ以降は20%となります。


配当金は源泉徴収だけで、申告は不要です。

ただ、配当所得を確定申告した場合に、配当金に配当控除率を乗じた金額が所得税や住民税から控除される「配当控除」という制度があります。

課税総所得の金額によっては、確定申告をして配当控除の適用を受けた方が有利となる場合があります。


平成16年1月1日から平成20年3月31日までの期間は、10%(所得税7%+住民税3%)が源泉徴収されますが、配当控除の適用を受けると

課税総所得が200万円以下の人        2.2%

課税総所得が200万円超330万円以下の人  7.2%

となり申告した方が有利となります。


平成20年4月1日以降は、20%(所得税15%+住民税5%)が源泉徴収されますが、配当控除の適用を受けると

課税総所得が200万円以下の人        2.2%

課税総所得が200万円超330万円以下の人  7.2%

課税総所得が330万円超700万円以下の人  17.2%

となり申告した方が有利となります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。