建て玉

信用取引における用語を解説します。

信用取引において、「信用買い」や「空売り」を仕掛けている状態の株を「建て玉(たてぎょく)」といいます。

買いの場合は、「買い建て玉」、
空売りの場合は、「売り建て玉」。

また建て玉を持つ状態を「ポジションを持つ」ともいいます。

買い建て玉のことを「ロングポジション」
売り建て玉のことを「ショートポジション」
などと言う場合もあります。

信用取引の場合、「買い」から参入したり「売り」から参入したりしますが、この参入することを「仕掛ける」と言ったりします。

そして反対売買することを「手仕舞う」と言ったりしています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16558077
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。