逆日歩

信用買いしている投資家より空売りしている投資家が多くなり、株が不足する状態になると、「逆日歩」という金利を買い方はもらい、売り方が支払わなければいけません。


これは信用取引における金利とは別に計算されます。

証券金融会社では、買い方から担保にとった株を、売り方に貸す仕組みになっていますが、売り方が多いと株が不足するため、証券金融会社は証券会社や金融機関から株を借りてきます。借りると当然、借り賃が必要になってきます。これを「逆日歩」といっています。

1株につき1日数銭がほとんどですが、ときには1円とか2円になることもあります。

1000株空売りしていると1日1000円とか2000円の負担になってしまいます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。