信用残高

株価の動向を読む材料のひとつに「信用残高」というものがあります。

まだ未決済の信用買いの残高と空売りの残高をいいます。
「東証信用取引銘柄別残高」というものを東証が火曜日に発表、水曜日の日本経済新聞や証券新聞に掲載されます。
「信用残高」から何がわかるか?ですが、

買い残が売り残の何倍になっているかを見ます。

買い残が売り残に比べ一方的に増加した場合、とりあえず株価は上昇しますが、6ヶ月後の期日が近づくとまとまった売りが出てくることが予想されます。そうなると当然株価は下がります。

また反対に、売り残が一方的に増加した場合、とりあえず株価は下落しますが、6ヶ月後の期日が近づくとまとまった買戻しが入ることが予想されます。そうなると当然株価は上がります。

このように、信用取引を利用していない投資家にとっても「信用残高」をチェックしておくと将来の株価の動向を読む材料になります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。