取り組み

信用取引で、売り方、買い方それぞれの残高の関係を「取り組み」といいます。

信用残高は、信用買残が信用売残を上回っているのが普通の状態です。
そして相場が過熱していくと、それぞれの残高が大きくなっていくことになります。そのような状態を「好取り組み」などといいます。

(信用買残 ÷ 信用売残) を「貸借倍率」または「信用倍率」といいます。先ほども言いましたが、通常は「1倍」より大きいのですが、空売りが増えてくると、その倍率が「1倍」に近づいたり、「1倍」を割り込んだりします。

このような状態は、将来の買い要因ですから、「株価の上昇する可能性が高い」だから「好取り組みだ!」とか「取り組み妙味がある」と表現されています。

逆に信用買い残が多い場合は、「取り組みが悪い」と表現します。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。