トレンドライン

株価をチャートで描くと、小さな山や谷を描きながら、ある一定の方向に向かっています。これをトレンドといっているわけです。

そして山と山を、谷と谷を直線で結んだラインをトレンドラインといいます。そのラインが右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンドとみます。

上昇トレンドの場合は、安値と安値を直線で結び、このラインを下値支持線と呼びます。この下値支持線を割り込まない限り、上昇トレンドが続いていると判断します。

逆に下降トレンドの場合は、高値と高値を直線で結び、このラインを上値抵抗線と呼びます。この上値抵抗線を上回らない限り、下降トレンドが続いていると判断します。

このトレンドラインを割り込む、または上回るような動きになると、トレンド転換することが多いです。


○コラム

ドラマの鬼嫁で、株式投資のエピソードが放映されたことがあります。

かなりデフォルメされていましたが、本質的な部分を突いたところもあり、笑いながら観てしまいました。(息子が観ていたのを覗いてたら引き込まれてしまった・・・)

そのドラマの中で、「ランダム・ウォーカー理論」のことに触れていました。

「ランダム・ウォーカー理論」とは、株式投資は猿にダーツを投げさせて選んだ株を買うのと、専門家が懸命に分析した株を買うのと、投資成績は変わらないというもの。

「そんなバカな!」と思うかも知れませんが、アメリカの研究者が熱心に調べた結果だということらしいです。
その理論が正しいのなら、一生懸命に業績や財務内容を調べても余り意味がないということになります。

難しい専門知識を駆使して出した結論も、適当に出した結論も投資成績に差がないのなら、株式投資はギャンブルや占いと同じようなものなのでしょうか?

でも一方で継続的に利益を上げて、億という資産を築いた人物がいるのも事実です。

だったら株式投資は、継続的に利益を上げる方法があるギャンブルや占いのようなもの、ということになりますよね?

「ランダム・ウォーカー理論」はいろんなことを考えさせてくれます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。