移動平均線

前にも解説しましたが、最も広く使われているテクニカル指標のひとつです。

一定期間の終値の平均値を線で結んだ単純な指標です。

日足の場合は5日と25日、週足の場合は13週と26週が使われることが多いです。

どうしてこの期間が多いのかの、はっきりした根拠はありません。

5日は取引期間でいうと1週間になるのでわかるのですが、25日は一ヶ月でもなく、単に取引期間でいうと5週というだけです。

13週なんて、もっと不思議です。一ヶ月を4週としても3ヶ月でもありません。

昔、土曜日も取引があったときのなごりがあるのかも知れません。

とにかくみんなが見ている期間だということで、みんなが見ています。

そんなものに何か意味があるのかと思うかも知れませんが、「みんなが見ている」ということが重要です。

みんなが見て、それを参考にして売買しているわけですから、そのラインが攻防線になることが多いです。

例えば、上昇トレンドを描いていた株が、下がりだしてきた。どこまで下がるのかと見ていると、13週移動平均線に触れた途端に切り返すということがよくあります。

また、13週を割り込んだと思ったら、急落してしまうということもよくあります。

このようにある期間の移動平均線の付近で、買い方と売り方の攻防があるようです。

こんなふうにして移動平均線を眺めていると、けっこう転換点がわかることがあります。

単純な指標だとバカにできないところです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。