ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャーというアメリカの投資家が考案した、統計学の手法を使って移動平均線を加工したテクニカルチャートのことです。

移動平均線に対して、統計学の手法を使い第1標準偏差、第2標準偏差を線で表し、移動平均線を含めてバンド状のようになったテクニカルチャートです。

第1標準偏差にはさまれたゾーンには68%の確率で、第2標準偏差にはさまれたゾーンには約95%の確率で株価が収まるといわれています。

バンドの幅がほぼ一定で水平になっている時は、株価がもみ合いの動きをしている時であり、一番上の補助線で売り、一番下の補助線で買いというシグナルとして使います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。