RSI

RSIとは、「Relative Strength Index」の略で、アメリカのアナリスト「J・W・ワイルダー」が開発しました。株価の値動きから買われ過ぎや売られ過ぎを見るテクニカル指標の1つです。

一定期間の前日比の上げ幅合計を同じ期間の上げ幅合計と下げ幅合計を足した数字で割って、100を掛けて%で表したものです。

計算式は、

一定期間の上げ幅合計÷(一定期間の上げ幅合計+一定期間の下げ幅合計)×100

0%から100%の範囲で推移します。

一般的には、70%以上で買われ過ぎ、30%以下で売られ過ぎと判断します。

トレンドが動き出したばかりのころは確実性が薄く、トレンドが終了に向かうにつれて有効性が上がっていくといわれています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。