ストキャスティクス

ストキャスティクスは相場の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するオシレーター系のテクニカルチャートです。

現在の株価が直近の価格帯のなかで、どの程度の位置にいるかを0〜100%の数値で示します。

RSI(相対力指数)と似ていて、“逆張り派”が好んで使うようです。


「ストキャスティクス」をチャート画面を見ると、「%K」「%D」の2本の折れ線が0〜100%の間で描かれています。

「%K」の線がおおむね80%のラインを超えると、「買われすぎ」と見ます。

逆に「%K」が20%を下回っているときは割安な状態だと読みます。

「%K」が80%ラインを超え、再び80%ラインを上から下に割り込むときが「売り」のサイン。

20%ラインを割り込んだ後、再び20%ラインを超えるときが「買い」のサインと見ます。

また、もう一本の「%D」を使って売買のタイミングをはかることもできます。

「%D」は「%K」における移動平均線のような役割になっており、2本のラインが交差する点が売買ポイントになります。

0%に近い低水準で、「%K」が「%D」を下から上抜けたときが「買い」のサイン。

100%に近い高水準で、「%K」が「%D」を上から下抜けたときが「売り」のサインと見ます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。