騰落レシオ

騰落レシオとは、市場の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から、市場の過熱感を見る指標です。

計算式は

(値上がり銘柄数の合計)÷(値下がり銘柄数の合計)×100

相場が過熱気味の時は「値上り銘柄数」が「値下り銘柄数」を上回る傾向が続き、結果的に「騰落レシオ」の値が高くなります。

逆に、相場が冷え込み気味の時は「値下り銘柄数」が「値上り銘柄数」を上回る傾向が続き、結果的に「騰落レシオ」の値が低くなります。


「5日間の値上がり銘柄数の合計÷5日間の値下がり銘柄数の合計」を5日騰落レシオと呼び、短期的な市場の過熱感を見ます。

「25日間の値上がり銘柄数の合計÷25日間の値下がり銘柄数の合計」を25日騰落レシオと呼び、中期的な市場の過熱感を見ます。

特に25日騰落レシオはよく使われ、70%以下になれば、下げが一段落し、相場は上昇局面に転じると言われ、120%以上ならば、相場に過熱感が出たことを示し、調整局面になるといわれています。

このサイトを見るとわかりやすいと思います。
http://homepage3.nifty.com/bunnou/updn/updn1.htm

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17620640
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。