酒田五法

酒田五法とは、江戸時代に相場の神様といわれた、本間宗久が編み出した投資技法です。

相場全体の流れで起こるチャートのパターンを分析して将来の動きを予測します。

本間宗久は、18世紀の日本でローソク足チャートを開発し、世界で始めてテクニカル分析を行い、江戸時代の米相場において巨財を成したと言われています。

酒田五法は、ローソク足の基本の5パターンから構成されるとしています。

「三山」「三川」「三空」「三兵」「三法」の5つからなり、日本だけでなくアメリカの投資家の間でもよく知られるノウハウだといわれています。


三山(三尊)は、トリプル・トップともいわれ、上伸、下押しを三度繰り返す体型で天井を表し、相場は下降へ向かうと見ます。

三川は、三山をひっくり返したもの、つまり、逆三山とかトリプル・ボトムとかいわれているもので、相場は上昇へ向かうと見ます。

三空は、ギャップ(空)が3つ出たパターン。3回目の窓が出現したら相場は転換するとみます。上げ相場のときには「三空踏み上げには売り向かえ」と言われています。

三兵(三平)は、陽線または陰線が同一方向に向かって3本続いたもの(真中の線が短くない点が「川」と異なる)。その方向へのトレンドが強いと見ます。
三法は、上昇または下落で、それぞれ前日現れた窓を埋める形で、相場がボックス圏に入ったと見ます。トレンドがわからないので、様子を見たほうがよいといわれています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17620679
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。