気配値(けはいち)

「気配値」とは、市場で、買い方および売り方の希望する値段のことで、単に「気配」ともいいます。

買い方が希望する価格の中で最も高い値段のことを「買い気配値」

売り方が希望する価格の中で最も低い値段のことを「売り気配値」

つまり指値注文がどのようになっているかということで、ネット証券で口座を開設すると各銘柄の状況を見ることができます。これを「板」情報と言ったりもします。

よくあるのは、買い方、売り方それぞれ5つの値段と注文数量が示されていて、今注文を出すとどれぐらいの価格で買ったり売ったりできるのかがわかります。


買い方、売り方のバランスが崩れ、どちらか一方の注文が殺到した場合、「特別気配」が表示されることになっています。

こんな感じのものが見れます。

売気配株数   気配値   買気配株数
5000    300
4000    299
2000    298
2000    297
1000    296
        295   2000
        294   3000
        293   5000
        292   8000
        291   9000

これを見ると買い方、売り方、どちらが優勢かわかるわけですが、これは刻々と変化しますし、騙す目的の大量の見せかけ注文もあります。(いつの間にか消えたりします。)

また、取引前の状況には成行き注文がここには出てきませんから、参考程度に見た方が無難です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。