減資

減資とは、会社が資本金の額を減少させることです。

減資には、有償減資と無償減資があります。

有償減資の場合は実際に株主に財産が払い戻されますが、無償減資の場合は資本金の計上額を減らして、剰余金の計上額を増やす会計上の操作をします。

減資の目的は、
(1)事業の縮小整理のために株主に財産の一部を払い戻す。
(2)欠損金の補填のために資本金を取り崩す。
(3)過大となった資本金の額を減らす。
(4)経営不振から再建を目指すために減資する。

そして多くみられるのが、(4)経営不振から再建を目指すための減資です。

方法としては、発行済み株式数を維持したまま資本金を減らす場合と、株式を併合する(例えば2株を1株にする)ことで発行済み株式を減らして資本金を減少させる場合があります。

減資だけでは株主の権利に変化はないのですが、通常は会社の損失を消して資本を増強するため、減資の後に増資として普通株を発行するケースが多いので、減資された従来からの株式は、価値が目減りすることになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。