地合い

「地合い」とは、相場のムードのことです。

株式相場が上昇しているときは、「地合いがよい」と表現し、反対に、相場が下落しているときは「地合いがよくない」と表現します。

いくら業績が良い有望な銘柄であっても、地合いが悪いと資金が市場に入ってこず、株価が上昇しないということはよくあることです。


「塩漬け株」とは、買った株が予想以上に値下がりして、損切りすることもできず、含み損をかかえたまま売るに売れない株のことです。

漬物のように寝かせれば寝かすほどおいしくなるなどと、淡い期待を込めてこんな言い方をしてるのかも知れませんが、買値に戻るという客観的な根拠も無く、希望的観測だけで持ち続けているだけに過ぎません。


「しこり」とは、相場が予想に反した動きとなったときに、売買機会を逸して動きがとれなくなっている状態をいいます。

ある価格で大量の株数が買われたけれど急落してしまった場合、売るに売れない株が大量のできて「しこり」となります。そういう場合、その価格近辺まで上昇すると売りものに押されて反落するという動きがよくあります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。