自社株買い

「自社株買い」とは、企業などが、過去に発行した自社の株式を市場の時価で買い戻すことをいいます。

自社株買いは、企業の財産減少につながるので、従来の商法では債権者保護の立場から原則的に禁止でしたが、2001年以降は、原則自由へと方向転換し、目的を定めずに市場から自社株を買い入れて保有する金庫株も認められるようになりました。

自社株買いをすると株数が減るので、1株当りの利益が増えます。

例えば、発行済み株数の半分の株を自社株買いしたとすると、市場には半分の株数が残ることになります。

利益の金額は変わりませんので、1株当りの利益は2倍になります。そうすると理論的には、株価も2倍になるので、その株を保有している株主にとってメリットがあるということになります。

また一般的に、収益性が良く財務面もしっかりしている企業でないと自社株買いは出来ないので、自社株買いをおこなう企業の株は、株式市場では好感されています。



「金庫株」とは、自社株買いをした株を償却しないで、手元に置くことをいいます。株券を手元の金庫にしまっておくところから、「金庫株」と呼ばれています。

金庫株には、乗っ取りから会社を防衛したり、自社の株価が下がらないように下支え、将来の株式配当を減らすといった効果があります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17876552
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。