従業員持ち株制度

「従業員持ち株制度」とは、本来米国における制度で、企業が従業員への報酬制度として、企業の拠出により従業員へ自社株を配分する制度のこと。原則全員対象で退職まで引出ができません。

でも日本では、上場企業の従業員が持ち株会を設立し、給与天引きによって資金を積み立て、自社株を購入する制度のことをいいます。

任意加入で、申込の金額に応じて株を購入しますので、通常の単位株よりも小さな単位で買うことができます。

持ち株が1単元株以上になれば1単元ごとに株券を引き出すこともできます。

ただし企業によって制度が異なりますので、検討されるのであれば確認が必要です。

企業にとっては、安定株主の確保や従業員の経営参加意識の高揚などのメリットがあるので、多少の補助をつけて従業員に購入を促進しているところもあるようです。

従業員にとっても、自分の働きで業績に貢献できれば株価も上がり、自分の資産が増えるので、モチベーション維持には良いことといえます。

ただし、もし企業が倒産した場合は、職を失い資産も失うという二重のマイナス事態になってしまいます。

これは投資でいえば、集中投資。リスクが高いです。

その会社で役員に登り詰めることを狙っている人はともかく、そうでない人は、持ち株会への投資は付き合い程度にして、他の企業に投資したほうが、リスク分散という観点からは正解ではないでしょうか?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17876706
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。