監理ポスト

「監理ポスト」とは、上場廃止になる可能性が出てきた銘柄を、監視しながら暫定的に売買する取引所のポストのことです。

上場廃止の基準に抵触する可能性が出てきた銘柄は、その事実を広く投資家に周知徹底させるため、そして企業に説明や改善を求める期間、この監理ポストに移され売買は継続されます。

企業側の説明で上昇廃止の基準に抵触しないことがわかったり、企業側の努力で状況が改善されたことが確認されると、通常のポストに戻されます。

反対に上場廃止の基準に抵触することが明らかになり、改善する姿勢も見られないと上場廃止が決定され、今度は「整理ポスト」に移されて、上場廃止までの期間売買が継続されます。


「整理ポスト」とは、上場廃止が決定した株が上場廃止の期間まで売買されるための取引所のポスト。


現在どんな銘柄が監理ポストや整理ポストにあるのかを調べるには、東京証券取引所のホームページの監理・整理ポスト割当て銘柄一覧で見ることができます。
http://www.tse.or.jp/jokan/kanri/kanri.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。