新興市場

「新興市場」とは、ベンチャー企業など発展途上にある企業の株式が取引される市場のことをいいます。

東証マザーズ、大証ヘラクレス、ジャスダック市場などがその代表です。

その他に、札幌市場のアンビシャス市場、名古屋市場のセントレックス市場福岡市場のQボードなどがあります。

新興企業が、早期の株式公開や資金調達を実現しやすいように、上場審査手続きや基準などが既存の市場に比べて緩和されています。

例えば東証マザーズなら、決算が赤字であっても、成長力さえ認められると、上場することが可能となります。

最近では、新規公開株(IPO株)などの新規上場が盛んで、個人投資家の関心も大きくなっています。


これまでの実績ではなくて、将来の成長を期待して買われている市場ということ、また流通している株数も少ないことから、東証1部などの市場よりも、値動きが非常に大きくて投機的な動きが出やすいことも特徴です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17968071
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。