投資顧問業

個人投資家の多くは、銘柄情報を探し求めているようで、お宝銘柄的な情報を流しているメールマガジンやブログが大人気です。

また、プロに判断を仰げば儲かると考えて、証券会社に助言を求めたり、投資顧問業者の会員になる人もありますが、それで儲かったという話を私は聞いたことがありません。

私が聞いたことがないだけで、実際には儲けている投資家がみえるのかも知れませんが・・・


でも、大切なお金の運用を他人任せでいいのでしょうか?

そういうメールマガジンや業者に頼っていると、いつまで経っても初心者と同じです。

やはり自分自身の考えで運用して、勝てる投資家をめざしましょう!


「投資顧問業」とは、株や債券などの投資判断について、報酬を得て専門的立場から、投資家に助言を行う業務のことをいいます。

投資助言のみを行い、投資判断は投資家自身で行うものを「投資助言業務」といいます。

投資判断と投資に必要な権限を投資家より委任されているものは「投資一任業務」といいます。


投資顧問業者は、投資顧問業法の規定によって内閣総理大臣の登録を受けることになっています。

投資一任業務を行う業者は、登録に加え、内閣総理大臣の厳重な審査に基づく認可 を受けています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18304644
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。