比例配分

「比例配分」とは、株価の過度の乱高下を避けるために、あらかじめ取引所で決められている株価の1日あたりのストップ高またはストップ安で大引けとなったとき、その株価での売り株数と買い株数の比率に応じて株価をつける方法のことをいいます。(ストップ配分ともいいます)


例えば、ストップ高で大引けとなり、買い注文が10万株、売り注文が1万株の場合、1万株についてのみストップ高の株価で売買を成立させます。

その際の割り当ては、証券会社ごとの発注数量に比例して配分することになります。

また、割当てを受けた証券会社は、価格優先や時間優先などの社内ルールに基づいて実際の投資家へ割当てを行うことになります。

ストップ安の比例配分も同じ考え方です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。