株価指数先物取引

株価指数先物取引とは、東証の東証株価指数先物取引や、大証の日経平均株価先物取引などをいいます。

多くの証券会社が扱っているのが、大証に上場されている日経平均株価の株価指数を取引対象商品とする「日経225先物」です。

元もとの先物取引とは、商品を、将来の一定期日に、今の時点で取り決めた価格で取引することを約束する契約のことです。

前もって売買の価格を決めておくことで、商品の価格変動リスクを回避(ヘッジ)することが目的です。


日経225株価指数を対象とする取引は、もともとが指数なので実際に物の受け渡しをするわけではなく、すべて差金決済をします。

決済方法には、取引最終日までに転売や買戻しによって決済する方法と、最終決済期日に最終決済する方法があります。

最終決済は、最終清算指数(SQ)によって行われます。

日経225先物の場合は、3月、6月、9月、12月の第二金曜日が取引最終日となります。

初心者の投資家にはあまり関係がないように思われますが、市場関係者がこの取引最終日を非常に意識しているため、相場の節目になりやすいといわれています。


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。