単元未満株

「単元未満株」とは、証券取引所で取引される売買単位に満たない株式のこといいます。

例えば、1対1.2の無償分割などを実施すると、所有株式数は1,200株になります。

しかし、この株の売買単位が千株だとすると、取引所では増加分の200株は売却できません。 売却するには、単元未満株として売却するか、証券会社や取扱い信託銀行へ「買取請求」することになります。

単元株にも株主権があり、配当や株式分割の割当などは受け取れますが、議決権はありません。また株主優待の権利につきましては、各企業によって違ってきます。

またイー・トレード証券には、S株という単位株未満の取引サービスがあります。例えば千株単位の株であっても1株から取引することができます。

このサービスを利用すると、少ない資金でも株取引が可能ですが、取引価格に対する手数料比率が高くなってしまうというデメリットがあります。

(参考資料:イー・トレード証券S株の手数料)

株式約定代金×1.5%(税込1.575%)(最低500円(税込525円))

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。