ポイズンピル

「ポイズンピル」とは直訳すると「毒薬」ですが、投資用語としては企業が敵対的買収を防衛するための手段の意味で使われています。

具体的には、企業が乗っ取られそうになった場合に備えて、あらかじめ全株主に新株予約権を与えておきます。

敵対的買収が進めたら、ただちに買収者以外の株主に大量の新株を安価に発行することで株数を増やし、買収者の議決権割合と持っている株の価値を下げることができます。

これによって企業は時間的な余裕が得られ、交渉が買収者のペースで進むことを阻止したり、ほかの友好的な買い手と交渉を進めることができます。

アメリカでは1980年代なかばから導入が進み、敵対的買収の抑止・防衛策として認められていますが、日本では2002年4月の商法改正で、新株予約権にみを単独で発行できるようになりました。

敵対的買収が行われることがわかった時点で発動されるので、「トリガー条項」とも呼ばれています。

UFJ銀行が、東京三菱銀行との合併問題で三井住友銀行の横槍を防ぐために、こうした内容の新株を発行して話題となりました。


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。