マーケットメイク

「マーケットメイク」とは、ジャスダック市場の売買方式のひとつです。

発行済株式数の少ない銘柄を扱う市場において、売買を円滑に行う手法として有効であるとされ、店頭市場改革の一環として平成10年12月に制度導入されました。

証券会社(マーケットメイカー)が在庫を保有して、相対取引を基本として自らが取引相手となって売買を成立させます。

投資家同士の注文が出会う形で売買が成立するオークション方式が一般的ですが、ジャスダック銘柄の一部についてはマーケットメイク方式となっています。

オークション方式では、売り・買い両方の注文がなければ売買が成立しませんが、マーケットメイク方式では必ず売買の相手方となるマーケットメイカーが存在するので、いつまでたっても売買ができないという機会リスクがない売買手法です。


マーケットメイク対象銘柄に指定されると、マーケットメイカーは売り買いの気配を提示し値付けの義務を負い、投資家は原則としてその価格で売買ができることになります。

ただしマーケットメイク対象銘柄は、通常のセリ商いができなくなり、指値注文はできなくなります。

またマーケットメイク銘柄は、値幅制限がありません。
ただし当日の基準価格から上下30%以上の価格で売買成立した場合、ジャスダックマーケットメイクシステムでの約定締結処理を15分間停止して、急激な価格変動に対して注意喚起を促すこととしています。


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。