優先株

「優先株」とは特殊株の一種で、普通株に比べて配当金を優先的に受ける、または会社が解散した時に残った財産を優先的に受けるなど、投資家にとって権利内容が優先的になっている株式のことをいいます。

会社の業績が悪化しても、普通株に優先して配当が受けられます。普通株が減配や無配といった状況になっても、利益があれば、優先株には配当が行われます。

ただし、議決権については制限されるのが一般的です。
 
発行する企業とすれば、配当コストがかさむデメリットがありますが、投資家に有利な条件を提示することで、通常の増資よりも資金が調達しやすいというメリットがあります。


政府が銀行をたびたび金融支援してきたときには、優先株の発行という形で行われてきました。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。