予想修正矢印

株式市場は、絶対的な指数よりも変化率に反応することが多いです。

トヨタが10%増益になったということよりも、永い間赤字だった企業が黒字転換したということの方に注目が集まります。

いわゆる、「サプライズ」といわれているものです。

トヨタが10%も増益になるなんて、金額にすればすごいことなのですが、どこかトヨタが儲かるのは当たり前みたいなところがありますから、市場は思ったほど反応しません。

それよりも、「あんな会社はダメだ!そのうちに倒産するかも知れない」などと思われていた企業が、いきなり黒字転換したりすると、市場は「おおっ!」となって実体以上に反応します。

単年度黒字になっただけで、これまでの累積赤字がたっぷりと存在しているという場合、絶対的な評価でいくと「まだまだ危ない」となりますが、市場は多少大げさに評価するわけです。

ということで、業績がどのような変化を調べるには、会社四季報が便利です。

特に最近、ページの欄外に矢印の方向で変化を表示してくれていますから、パラパラとめくっていくだけで、大幅増益企業を探すことができるようになっています。


(予想修正矢印の意味)


↑ 営業利益が大幅増額予想(30%超え)

↑ 営業利益が増額予想(5%〜30%、または黒字転換)

→ 営業利益が前号の予想なみ(5%〜−5%)

↓ 営業利益が減額予想(−5%〜−30%、または赤字転換)


↓ 営業利益が大幅減額予想(−30%超え)

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。