利益と1株益

会社四季報の【業績】欄の「利益」と「1株益」についてです。

経常利益に、特別損益を加えて、税負担などを引いたものが最終利益で、四季報では「利益」と表記されています。

「特別損益」とは、土地の売却益や設備の廃棄損などの臨時的で大きな額の損益のことをいいます。

「利益」を発行済み株式数で割ったものを「1株益」といいます。

1株益は、PERの計算にも使われ、株価の割安度を測る判断材料となります。


正確な1株益は、(利益)から(優先配当額)と(役員賞与)を引いたものに、(発行株式数)から(自己株式数)を引いたもので割って算出します。

四季報で表記されている1株益も、実績についてはこの計算方法で算出されていますが、予想1株益は、(予想利益)を(予想発効株式数)で割ったものとなっています。

売上や営業利益だけをながめていても、金額が漠然としていて、他社との比較がやり辛いこともありますが、「1株益」は1株当りいくら稼いでいるのかが直感的にわかり、多くの投資家が特に注目して見ている項目です。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。