1株益の意味

会社四季報の【業績】欄を解説してきましたが、どの数字が一番重要でしょうか?

もちろんそれぞれに重要ですし、バランスが取れていなければいけませんが、あえて言うなら投資家にとっては「1株益」ではないかと考えます。

売上がどれだけ大きくても、経費を湯水のごとく使っていれば利益はでません。

利益がどれだけ大きくても、出資を際限なく募っていれば、ある意味当たり前です。

投資家の目で見れば、いかに少ない資本金でたくさんの利益を上げられるかが重要になってきます。

同じ金額の利益を上げている会社でも、たくさんの株を発行している会社は、1株益が小さくなりますし、発行株数が少なければ、1株益は大きくなります。

100万円の利益を上げるのに、A社は100万円の資本を使っている。B社は50万円の資本を使っている。

どちらが効率的かということになります。

ということは、1株当りどれだけの利益を上げているのかを見れば、その会社の効率性がわかるということになります。

そしてその会社の株価とのバランスによって投資先としての優劣を判断することになります。

ただし、1株益の中には、会計上の特別利益(臨時的な利益)が含まれていますから、その中身も調べることが大切です。

黒字にするために遊休地を売却して利益を水増ししていることもありますから注意してください。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。