ROEとROA

会社四季報【指標等】の「ROE」とは、株主資本利益率のことをいいます。

計算式は、(当期利益)÷(株主資本)×100 
単位は%です。

企業とは、いかに少ない資本金でたくさんの利益を上げるかが究極の目的ですから、この指標の%が大きいほど効率よく利益を上げていることになります。

ただし、借金をたくさんして、そのお金を使ってたくさんの利益をあげた場合もROEは大きくなることになります。

また、利益剰余金がどんどん貯まるような優良企業でも、利益額が伸びないと相対的にROEは小さくなっていきます。


【指標等】の「ROA」とは、総資産利益率のことをいいます。

計算式は、(当期利益)÷(総資産)×100 
単位は%です。

いかに効率よく資産を活用して利益を上げているかがわかる指標です。

無駄な設備投資をしていると、資産が膨らむだけで利益が伸びませんからROAは小さくなっていきます。

依存の設備を有効活用したり、本当に利益に結びつく設備投資をしているとROAは大きくなっていきます。


またこういった指標は、同じ業種の企業を比較するときに、どちらがより優良かという判断材料にはなりますが、違う業種を比較してもあまり意味がありません。

ただ、これからの時代、どういった業種が有利なのかを検討するようなときには参考になります。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。