キャッシュフロー

会社四季報【キャッシュフロー】欄には、営業CF・財務CF・財務CFが記載されています。

「キャッシュフロー」とは、企業のお金の出入り、資金繰りの状況を表しています。

決算書の中の損益計算書は、会計上の損益を表していますが、必ずしも実際の現金の出入り状況を表しているわけではありません。

たくさん売上はあるけれども、すべて売掛金なら現金はないということになります。

ですから損益計算書では黒字であっても、会社には現金がないということもあり得るわけです。

売掛金はなかなか入金されない、経費の支払いはどんどんしなければならない、こんな状況が続くと資金がショートしてきます。

銀行が運転資金を融資してくれている間はなんとかしのげますが、融資がストップすると営業活動ができなくなってきます。

極端な場合は、黒字倒産となってしまします。

このようにキャッシュフローがどうなっているかということは、企業の活動に大きく影響してくるわけです。

「営業CF」は、営業活動による現金の増減を表しています。

「投資CF」は、設備投資に対する支払いや、有価証券売却による収入など投資活動による現金の増減を表しています。

「財務CF」は、社債の発行や借入金など企業全体の資金繰りの状況を表しています。


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。