機関投資家

前回お話した「外国人投資家」の次に注目したいのが、「機関投資家」の動向です。

機関投資家とは、厳密な定義があるわけではありませんが、一般的には銀行、生命保険会社、損害保険会社、年金基金など個人から集めた多額の資金を投資する投資家のことをさします。

会社四季報【株主】欄に、生命保険会社や信託銀行の名前が多く見られますが、これらの会社はその企業と資本関係にあるというよりも、機関投資家として資金を運用する目的で株を持っています。

また<投信>欄の記載されている数字は、投資信託として保有比率を表しています。

機関投資家は、扱う資金が大きいですから、複数の銘柄を長期保有する方針で買っていることが多いです。

ということは、機関投資家が買っている銘柄は、今後成長が期待できる優良な銘柄であると見ることができます。

機関投資家が、組織をあげて調べた結果に基づき投資している企業に、便乗して投資するというのもひとつの手です。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。