成行残数指値

今回も、マネックス証券の「特殊指値」について、です。

「特殊指値」の中に「成行残数指値(なりゆきざんすうさしね)」というものがあります。


これは、最初は通常の成行注文となり、最初の約定が成立した時点で、未約定の残数がある場合に、残数が自動的に最初の約定値段の指値注文となる注文方法です。

ただし、最初の約定が一切成立しない場合には指値注文にはなりません。


例えば、500円の気配値状態で、5,000株の買い注文を「成行残数指値注文」で出して、最初に501円で2,000株が約定したとします。

この時点で3,000株の約定していない注文が残っているわけですが、その残った注文が501円の指値注文となります。


また 「特殊指値」の中に「成行残数取消(なりゆきざんすうとりけし)」というものもあります。

これは、最初は通常の成行注文となり、最初の約定が成立した時点で、未約定の残数がある場合に、残数が自動的に取消される注文です。

ただし、最初の約定が一切成立しない場合には取消されません。また、最初の約定で全数成立する場合もあります。


例えば、500円の気配値状態で、5,000株の買い注文を「成行残数取消注文」で出して、最初に501円で2,000株が約定したとします。

この時点で3,000株の約定していない注文が残っているわけですが、その残った注文が取消されることになります。


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。