投資期間を決める

株初心者の方が、まず決めなければいけない戦略に、投資期間というものがあります。

長期、中期、短期、デイトレ・・・どれにするのか?

それによって必要な情報が違います。

株価は、長期的には業績に連動します。

好業績が続けば、株価は右肩上がりになります。

でも短期的には業績に関係なく、その時々の相場の雰囲気の影響を受けます。

ですから長期投資を考えているのなら、業績を分析する力が必要になってきます。

でも短期投資を考えているのなら、業績よりも相場の雰囲気を読む力が必要になってきます。

具体的には、チャートからテクニカル分析する力です。

中期投資なら、そのどちらも必要となってきます。

あなたはどちらを選びますか?

どちらが良いとかいう問題ではありません。

性格や資金量によって決めるべきでしょう。


私は個人的には、株初心者は少ない資金で短期投資の経験を積むべきだと考えています。

そして自分の特性などを加味して、得意な投資期間を見つけるのが近道だと思っています。


一番いけないのが、短期投資のつもりで株を買って、値下がりしたら長期に変更するようなパターンです。


自分が買った根拠がなくなっているのに、または崩れているのに、損切りしたくないばかりに方針変更していては上達しません。


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。