器を大きくする方法

100万円の投資資金で株をやっていた人が、ある日突然、1000万円を手にしてそれを株で運用することになったとします。

はたしてその人は、それまでと同じような感覚で運用できるでしょうか?

100万円の頃に10%のロスカットを冷静にしていた人が、資金が1000万円になって、同じように10%のロスカットを冷静にできるでしょうか?

10万円のロスカットは冷静に行えても、100万円のロスカットはビビッてしまわないでしょうか?

できればロスカットしないで、様子をみたいという欲求が出てくるかも知れません。

そんな思いと戦っている間に、損失はさらに膨らんでしまうかも知れません。


こういう失敗をしないためには、長い期間をかけて自分の器を徐々に大きくしていくほかありません。

100万円の投資資金を、自分の力で徐々に増やしていくのです。

100万円が200万円、200万円が300万円というふうに自分の力で増やしていくのです。

そうすると知らず知らずのうちに投資資金に合った器が出来ていきます。

短期間に大きく投資資金を増やした人は、あっという間に全資金を失う危険性も持ち合わせているものです。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。