余裕資金の必要性

以外に思われるかも知れませんが、投資の世界で一番の難敵は自分の精神状態をコントロールすることです。

もちろんテクニック的なものも大切なのですが、どちらに比重が大きいかと問われれば、私は精神のコントロールをあげたい。

どんなにすばらしい投資法でもうまくいかない時期があります。

そんなときに冷静に「今はうまくいかない時期だ。それが過ぎれば必ずうまくいく!」と静観出来るかが問題となってきます。

すぐにその投資法に疑問が沸いてきて、「やっぱりこれでは稼げないのではないか?」と自信がぐらつきます。

そして新たな投資法はないかと右往左往することになります。

運良く、今の現状に合う投資法が見つかったとしても、それとていつまでもうまくいくことはありません。必ずそぐわない時期というものに遭遇します。


何がいけないかと言えば、「右往左往」です。

「試行錯誤」ではなく、「右往左往」になってしまうことです。


それを防ぐ方法は、余裕資金を持つことです。

いつもいつも目一杯の投資をするのではなく、理想としてはいつも必ず余裕資金を持つことです。

そうすることで心にも余裕が生まれます。つまり状況を冷静に分析することができます。

「今はうまくいかない時期」なのか、「そもそも投資法がおかしい」のかを冷静に分析することができます。


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。