分散投資の欠点

分散投資は投資の基本ですが、あまり多くの銘柄に分散していると、チェックがおろそかになるという欠点があります。

10銘柄ぐらいなら、頭の中で管理できると思いますが、20・30となってくると訳がわからなくなってしまいます。

私の場合は、シンプルな投資基準で売買していますから、いくら分散しても手間はほとんどかからずに管理できますが、あなたの場合どうですか?

ここでもやっぱり投資スタイルが問題になってきます。

複雑な行程を経て株を買い、複雑な行程を経て株を売っていると、日々のチェックが煩雑になります。

うだうだと思考している間に、手仕舞いのタイミングを逃してしまったりしてしまいます。

あなたの投資スタイルによって、キチンと管理できる銘柄数を把握するようにしてください。

徹底的に調べないと売買しないスタイルなら、少ない銘柄数で!

シンプルな基準で売買するスタイルなら、出来る限り分散を!

ただし、いくら分散が安全だと言っても、ミニ株単位まで分散してしまうと手数料が高くなってしまいます。それだけ勝てる確率が低くなるということに注意してください。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。