検証が必要です

投資スタイルを決める際には、検証が必要です。

こういう銘柄をこのタイミングで買って、このタイミングで売る。

市販の株式投資の本を読んでいると、はっきりとは書いてありませんが、投資スタイルを決めるヒントになるようなものはあります。

でも、検証をしないで

「よ〜し。明日からはこの投資法でやってみよう!」

なんて感じで、即実践するのは危険です。

ここは一度冷静になって、チャートソフトなどを使って過去の検証をしたいものです。

過去5年以上遡った検証で、利益が出ているようなら、今後も利益になる確率が高いといえます。

反対に、検証した結果、損失になるようなら、その投資法は有効でない確率が高いです。

よく「過去の検証は無意味だ!」みたいな議論があります。

確かに過去の流れが将来にも起こるとは限りませんが、まったく無意味でしょうか?

あなたは、検証で悪い結果が出た投資法を実践する気になれますか?

思い込みで投資スタイルを決めるのではなく、検証して決めるべきです。

また検証でよい結果が出たとしても、すぐに採用するのではなくて、しばらくは「つもり投資」をお勧めします。

「検討中の投資スタイルでいくと、今日この株を買うことになる!」というような場合、買ったつもりで様子をみます。

そして売るタイミングが来たときに、売ったつもりで損益を確認します。

こういう現在進行形の検証も大切です。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。