ロスカット基準の必要性

投資スタイルを考えていく上で、ロスカット基準は必ず設けなければなりません。

はじめから負けるつもりで株を買う人はいませんが、全戦全勝なんてプロでも無理なんですから、あなたは必ず負けを経験することになります。

当たり前のように聞こえますが、実際に株式投資を始めると、そういったことがわからなくなってしまいます。

勝ったときのことは決めていても、負けたときのことは何も決めていない人がいます。

勝つまで株を持ち続ければ必ず勝てるなんて思ってる人もいますが、こんな人は近い将来必ず大火傷します。

特に逆張りスタイルの場合はロスカット基準を決めておかないと、とんでもないことになります。

逆張り投資は、下がっている銘柄に対して、ここまで下がれば反発するだろうという見込みのもとに株を買うスタイル。

でもこういう株は、買ったあとも下がることが多いです。ピッタリと底で買わない限りそうなります。

そのときに、どこまでの値下がりなら持ち続けるのかは、買ったときに決めておかなければいけません。

そうでなければ、必ずといっていいほど、塩漬け株を作ってしまうことになります。「そのときの雰囲気で決める!」なんて絶対に無理です。

損切りラインを決めてあってもできない人が多いのですから、決めてなければなおさらできるわけがありません。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。